最近流行りのメンズセレクトショップのブランド服の種類

ファッション業界は流行がめまぐるしく変化します。

そこには人が着ている服にすぐ飽きてしまうのと、業界がブランド服の需要を喚起するために新しいトレンドを発掘しているという事情が潜んでいます。

流行には左右されたくないと思いつつも、やはり時代遅れに見られるようなファッションは嫌だという人も多いと思います。

そこで今、流行しているトップスやボトムスについてお伝えします。

まずトップスからですが、流行りのシャツにファティーグシャツがあります。

ファティーグは英語で疲労という意味ですが、ファティーグシャツはミリタリー系のウエアを指しています。

軍隊の兵士が着るような薄緑色で森林やジャングルにいても目立たないカモフラージュ仕様となっています。

ファティーグシャツには腕章がついており、ポケットが多いのも特徴で戦闘で必要となる多くの小物を収納できます。

あまり都会人には縁のないシャツかもしれませんが、キャンプ好きの方や登山などを行い野営をする方に向いています。

米軍兵士が着用しているタイプが出回っています。

次に流行っているのがオックスフォードシャツです。

ワイシャツとまではいかないけれども、セミフォーマルの場へ着ていくことができるようなカジュアル系ブランド服です。

服装に関して少し緩めの職場にも着ていくことができることから多くの男性の支持を得ています。

デザインはそこまでバリエーションがないかわりに色は自分の好きな色を選ぶことができます。

毎日色違いのオックスフォードシャツを着れば飽きることもないでしょう。

メンズセレクトショップで買うならラルフローレン、グローバルワークなどであれば品質に対しても信頼がおけます。

安価なオックスフォードシャツをお探してであれば国内ブランドに当たると良いでしょう。

またシャツのデザインだけではなく、シャツの柄にもトレンドがあります。

よく見かけるのはギンガムチェックと呼ばれるチェック柄のシャツです。

ギンガムチェックのシャツは多く男性が着ているので、着ていても目立つ心配はありません。

堅い印象を相手に与える可能性もありますが、ビジネスではそれが安心感につながります。

シャツの上にジャケットさえ羽織れば異業種交流会のような場に着ていっても全く違和感はないでしょう。

最後にご紹介したいのはメンズセレクトショップでたまに見かけるボタニカル柄です。

ボタニカルは植物を指しており、シャツ全体に花の模様がプリントされているのがボタニカル柄となります。

派手ではありますが、どことなく陽気な雰囲気を漂わせたい時に向いているシャツです。

夏場に海へ出かけてビーチを散歩する時にピッタリのブランド服といえるでしょう。

You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

Powered by WordPress | Designed by: Virtual Server Hosting | Thanks to WordPress Themes, Free WordPress Themes and